『“AKARI”アクション』寄附ボックス設置


このたびNPO法人トイボックス様から依頼があり、
不要になった本、CD、DVDを回収しリサイクル募金とし世界の無電化地域へソーラーランタンを寄贈する取組み『“AKARI”アクション』を支援します。
皆様からのご協力をお待ちしております。

 

回収ボックスはベアーズ1階エレベーター横に設置しております。

2022年度の助成金交付先を決定しました


2022年度の助成金交付先を決定しました。

1 堺国際市民劇団

【テーマ】

インクルーシヴな演劇ワークショップと公演によるセーフスペース作り

【団体紹介】

プロのアーティストがアートの力で地域の課題を解決するコミュニティアートを実践する活動を行っています。アートによってセーフスペースを作り、それを拡大させることで、社会に多様性を認める価値観を広げ、誰もが安心して過ごせる社会の実現を目指しています。

【ホームページ】

https://sksg2019.wixsite.com/sksg

2 ボランティア団体しぶちー

【テーマ】

学校が苦手でも今を楽しめばいいやん
〜不登校・学校や社会と馴染めない子どもたちに輝ける居場所を〜

【団体紹介】

「学校が苦手でも今を楽しめばいいやん」と言う考え方をもとに、不登校や生きづらさを抱えている子ども達の挫かれた心を癒し、楽しみや痛みなどの感情を共有し、長所に目を向け、勇気づけ、子ども自身のありのままの個性や特性を尊重し育むことに重きを置いた様々な活動を行なっております。

【ホームページ】

https://shibuchi.com/

3 認定NPO法人D×P

【テーマ】

学校の中の「居場所」でコロナ禍で失われた文化的機会を提供し、困りごとを拾い上げ支援につなげる

【団体紹介】

認定NPO法人D×Pは、社会課題である10代の孤立について、取り組んでいます。
どんな境遇にあったとしてもつながりを得られる状態をつくる活動をしています。
法人設立当初から「否定せず関わる」「ひとりひとりと向き合い、学ぶ」ということを大切にしています。10代の周囲に、この姿勢を大切にする人がたくさんいるような社会を作りたいと思っています。

【ホームページ】

www.dreampossibility.com/

4 特定非営利活動法人 こえとことばと心の部屋

【テーマ】

釜ヶ崎芸術大学2021~忌避された街で記憶をつなぎ、経済モデルを越える 持続可能な活動のあり方を見出す

【団体紹介】

釜ヶ崎は高齢化に伴い、インバウンドや大手・外国資本による再開発によって、街が変わりつつあります。そんな中で、釜ヶ崎の人々から「生きのびる知恵」を 学び次世代に伝えていくこと、分かち合うために人々が自由に「表現」しあう活動をしています。

【ホームページ】

http://www.cocoroom.org/

5  北芝まちづくり協議会

【テーマ】

地域のささえあい風土醸成を目的とする「地域のランドリー」事業

【団体紹介】

住民同士の繋がりの希薄化が急速に進んでいる箕面市萱野地域において、「地域コミュニティの再編」「誰もが安心して暮らし続けられるまちづくり」をテーマに、住民参加のまちづくり運動を推進する中で、住民の共有スペースである公営団地集会所を活動拠点とし、住民にとっての地域の寄り合い場になるよう様々な企画を催してきました。
そして、それらを通して、孤立することがない緩やかな共助の繋がりを持ったまちづくりを実現し、「お互いさま・助け合い」の風土を醸成することを目指して、活動しています。

ゆめ伴プロジェクトin門真実行委員会さんが、第5回ジャパンSDGsアワードにて、特別賞を受賞されました。


熊西地域振興財団が2019年度(平成31年度)の助成金を交付しました、ゆめ伴プロジェクトin門真実行委員会さんが、第5回ジャパンSDGsアワードにて、特別賞を受賞されましたので、ご報告いたします。

ジャパンSDGsアワードとは、内閣総理大臣が本部長、官房長官、外務大臣が副本部長となり、全閣僚が構成員である「SDGs推進本部」が持続可能な開発目標(SDGs)達成に向けた企業・団体等の優秀な取り組みを表彰するものです。

受賞タイトルは、「認知症の人が支えられる側から、まちづくりの主人公へ〜認知症になっても輝けるまちの実践〜」

ゆめ伴プロジェクトin門真実行委員会さんは、認知症の方や高齢者に笑顔になってもらいたいという想い一つで、高齢者の方々を中心に介護事業所、地域、関係団体、企業のみなさんと一緒に、共に楽しくさまざまな活動に取り組まれて来られました。
そのことが、日本政府にも評価され、日本のSDGs推進のモデルとして世界にも広げていくことが期待され、表彰されました。
この門真の取り組みが、全国に、そして、世界に広がりますように、これからも尽力していきたいと、メンバーの一人で、総合プロデューサーの森安美さんはおっしゃっています。
そして、やはりメンバーの一人で、表彰式に出席された角脇知佳さんは、この賞は、いつも一緒に活動に取り組む認知症の方や、高齢者の皆さんの受賞です。そして、いつも応援してくださる全ての皆様のお力添えがあっての受賞です。とおっしゃっています。
 
ゆめ伴プロジェクトin門真実行委員会さん、この度の受賞、誠におめでとうございます!
地域、多様な方々と共に、笑顔の広がる社会をつくる活動を続けて来られたこと、本当に素晴らしいです。
財団として、応援させていただきましたことが大変嬉しく、そして、元気をいただきました!

助成交付先団体の皆様とオンライン交流会を開催しました


熊西地域振興財団では、助成交付先団体の皆様とオンライン交流会を開催しました。

新型コロナウイルス感染の影響が長期化し、活動方法の模索が続く中で、昨年度助成交付先団体にもお声がけし、「つながり」をテーマに、各活動の状況や困りごとなどを共有しあい、アドバイザーから助言などをいただきました。

どの団体もコロナの影響で活動は制限されていますが、そこでとどまるのではなく、できる方法を検討され、実践されておられる団体がたくさんありました。

活動方法を模索する中で、自団体のビジョン・ミッション、アイデンティティの確認をされた団体、新たな方法で、ボランティア参加の呼びかけに挑戦した団体、オンラインでの活動をスタートされた団体、初めてのクラウドファンディングを実施された団体の実践のお話をおうかがいすることができました。それによって、新たなつながりが生まれたところ、新たな活動方法へと転換されたところもありました。

また、活動の分野は異なっても、「つながり」「居場所」の重要性についての共有が様々になされました。

一方で、長らく活動を休止せざるをえず、ボランティア等のモチベーションの低下について共有してくださった団体もありました。コロナ禍でも実施すべき「不要不急」の活動なのか・・・という迷いと向き合いながらの日々となっているようです。

ただ、活動団体の皆さんから多様な意見がある中で、むしろ、コロナでの活動の難しさと多様な意見があるからこそ、「よく話すこと」「これまでの関わりを大切にすること」について、みなさん、確認し合うようにお話をしておられました。

以下、参加した財団関係者からのメッセージです。ご参加くださいました皆さま、ありがとうございました。

 

代表理事からのメッセージです。

昨年からのコロナウィルスの感染拡大は、社会も個々の生活も大きく変えてしまいました。

交流会で参加されたみなさん、大変なご苦労のなか、工夫をして取り組まれていること、そして今だからこそ続けたいという思いを伺うことができ、大変感動しました。このコロナ禍で、私たちには、ますます居場所が大切です。参加されたみなさんの事業は違いますが、

誰も孤立しない、みんなが元気に暮らせる社会を作りたいという思いは、みなさん同じだということを実感しました。

この思いはとても力強く、必ず大きなパワーになっていくと思います。素晴らし時間を共有できましたことに感謝しています。

【熊西乃里子(公益財団法人熊西地域振興財団 代表理事)】

 

アドバイザーのみなさんからのメッセージも届いています。

交流会で大阪の各地で頑張る皆さんとお話できたことをとてもうれしく思いました。

コロナ禍が今の日本社会の様々なひずみを「見える化」させているところがあると思います。そういう中で、現場でつながりを生み出す取り組み、やりがいを生み出す取り組み、困ったときの手助けをする取り組み、そうした皆さんの活動ひとつひとつが、更に大切になってくると思います。

それぞれの立場や現場は違えど、大きく社会を良くしていこうという意味では「同志」としてこれからも励まし合い、悩みを共有しあいながら歩んでいきましょう

【鵜尾雅隆】

 

この社会状況の中で活動を続けること、さらにこの状況の中で活動に必要な資金を調達すること・・・経験のないことにばかりに直面しなければならない中で、参加者の皆さんから活動の方法も資金調達の方法も、実際に実行してみてどうだったか、何がよくて何が大変だったか、実感のこもった体験談をうかがうことができて、有意義なひとときでした。この時期の体験がいずれ大きな力になると確信することができました。皆さん、ありがとうございました。

【本郷順子(本郷順子税理士事務所)】

 

みなさんのお話をうかがいながら、今、大事にしたいことは、コロナだからではなく、コロナ以前から私たちが大事にしたかった「これまでのつながりに感謝し、つながっている人たちの意見を聞き、会話をすること」ではないだろうか、ということに気づかされました。

そして、印象的だったのは、「法律も制度も万人を救わない」という言葉。

地域を元気にする、笑顔あふれる街にする、安心・安全な暮らしを、というみんなの思いを現実のものにするために、今後、ますますN P Oへの期待が高まってくるだろうと感じます。一つの団体でそれを乗り越えるのではなく、多様なN P Oの広がりを大事にし、実践の積み重ねこそが、より良い未来につながるのだろうと実感します。

交流会では、私も、もうちょっとだけ頑張ろう、そう思わせていただく時間をいただき、参加いただいたみなさんに、心から感謝しています。

【三島理恵】

2020年度助成金交付団体活動報告


・NPO法人トゥギャザー
http://www.together.or.jp/

【助成対象事業】障害者作業所商品の開発・改善事業
コロナ禍により規模は縮小したものの、試作を重ねて販売会を開催することができました。販売会では、活動紹介パネルの設置や、特設コーナーを設け、来てくださるお客さんに対して、活動への周知も行いました。販売したのは、和製柄のマグネットやめんこ、マスクチャームと、菓子創造事業所作ったチュイール、ワインパウンド、ギフトセット等です。
試作は、月に1度販売担当者と製造担当者にて、どんな商品を作りたいか、売るためにはどうしたらいいかなど、一緒に考える機会を持ることで、打ち合わせの日だけでなく、課題や悩み、意見を頻繁に出せるようになり、連帯感とスピード感が生まれ、従来より前向きに取り組むことができるようになりました。
コロナ禍で、最初の数ヶ月は思い描いていた事業が遂行できるか不安に思う日々が続きましたが、様々なつながりの中でほぼ計画通りに事業を進められることができました。今後も、新たな展開を模索していきます。

 

・一般社団法人ヒューマンワークアソシエーション
https://www.yarukimitekure.com/

【助成対象事業】守口市のこども食堂ネットワーク化とひきこもりの居場所事業
毎週1回(1カ所)・毎月1回(4カ所)の子ども食堂は、コロナの影響で休止せざるを得ない時期もありましたが、弁当配布の活動に変えながら継続することができ、5カ所で58回開催、学習支援も21回開催することができました。
週1回のホワイトカフェ(引きこもりカフェ)では、ピアカウンセラーを常駐させ、面談、コミュニケーション、レクリエーション、体験交流を実施しました。こども食堂と同様にコロナで休止せざるをえない時期もありましたが、10代〜40代までのべ50名が参加してくれ、顔見知りを作り、相互の存在を知る機会として機能しています。カフェでは、家で話さない話題が出てきて、他の人の話を聞く機会にもなり、コミュニケーションの練習の機会にも繋がりました。
今後は、依然として、対面での支援がしずらいこともあり、オンラインを活用しつつ、支援メニューを増やして、停滞させることなくつながりづくりを進めていかれる予定です。

当財団の活動内容「3.調査研究」についての情報を更新しました。


当財団の活動内容「3.調査研究」についての情報を更新しました。
ぜひ皆さんの活動の参考にしてください。

【大阪の現状や課題】

大阪府「子どもの生活に関する実態調査」及び子どもの貧困対策に関する具体的取り組み
http://www.pref.osaka.lg.jp/kosodateshien/kodomo/index.html

【社会課題全体の状況】

・若者無業白書
https://www.sodateage.net/research/338/
日本初のニートの若者の実態調査レポート

・令和元年度 子供の貧困実態調査に関する研究 報告書
https://www8.cao.go.jp/kodomonohinkon/chousa/r01/pdf-index.html
自治体の施策、親や子のアンケート調査、貧困連鎖の先行研究の取りまとめ

・新型コロナに関連した(社会問題に関する)調査研究情報まとめサイト
http://hinkonken.org/corona/

【地域で活動する方にとって参考になる本】

・コロナ禍における日米のNPO (2020) 柏木宏 明石書店
https://www.akashi.co.jp/book/b550655.html

2021年度の助成金交付先を決定しました。


2021年度の助成金交付先を決定しました。

1 任意団体 KADOMA中学生勉強会

【テーマ】門真の子どもたちがどんな家庭環境に生まれても学べる環境を

[団体紹介]

門真市内の中学生を対象にした居場所・学習支援事業(無料塾)です。
門真市は全日制高校進学率が85.9%(府平均92.9%)や就学援助認定率が30%を超えるなど厳しい家庭・教育環境にいる生徒も多く、市学習支援事業の未整備などから2018年に大阪府立大学の大学生らが手弁当で立ち上げました。
団体の特徴としては、運営から企画まですべて「大学生主導」による活動で、生徒たちのロールモデルとなるよう大学生ボランティアがマンツーマンで指導しています。
また決して勉強だけではなく、「居場所的視点」も重視し、クリスマス会や卒所式なども開催します。
KADOMA中学生勉強会で門真の子どもたちが多くの大学生と出会い、会話をすることで学力向上だけでなく、少しでも自身の選択肢や価値観が広がることを目指しています。

https://kadoma1010start.wixsite.com/kadoma1010

2 特定非営利活動法人 こえとことばと心の部屋

【テーマ】釜ヶ崎芸術大学2021~変わりゆく街で記憶をつなぎ、新たなであいをむすぶ

[団体紹介]

地域に根ざしながら、さまざまな人々とであい、表現とまなびあいの場作りをおこなうココルーム。
暮らし、仕事、関係性のなかで、正直に生きることをお互いに大切に、そして社会と接続する仕事場として活動しています。

http://cocoroom.org/

3 一般社団法人夢創りプロジェクト さのだい子ども食堂キリンの家

【テーマ】コロナウィルス対策をした子どもの居場所創り事業

[団体紹介]

さのだい子ども食堂キリンの家は、代表のオッちゃん(水取博隆)を中心に地域のママ・パパが運営する子ども食堂です。
ご飯や温かな団欒を通じて、みんなが笑顔になれる場所です。
コロナ禍においても、対策をして活動中です。

http://nigiwai-p.jp/kodomo/

4 任意団体 プライドプロジェクト

【テーマ】10代20代中学生以上の悩みをかかえるLBGTsユース(かもしれない人)が、
「居場所」を感じられる社会を実現する。
性的多様性に関わらず、すべてのユースが笑顔で過ごせる社会を実現する。

[団体紹介]

悩みをかかえるLGBTs、特に10代20代の学校という社会的閉鎖空間にいるユースに向けた学生プロジェクトを友人たちと立ち上げました。
“ Born This Way ″、ありのままの個性を自信をもって生きていけるプロジェクトを行なっています。
そして、LGBTsユースのプラットフォームとなることを目指しています。

https://www.pride-jp.com/

オンライン交流会


熊西地域振興財団では、助成交付先団体の皆様とオンライン交流会を開催しました。
新型コロナウイルス感染拡大の影響で活動が制限されてしまう中、各活動の状況や困りごとなどを共有しあい、アドバイザーから助言などをいただきました。

 

「障害者作業所商品の開発、改善事業」をされている認定NPO法人トゥギャザーhttp://www.together.or.jp/)は、イベントなどでお菓子などの商品を販売して来られていましたが、今はイベントもほぼなくなり、対面販売する機会が激減されておられるとのこと。
現在、オンラインでの販売体制を整備中とのことでした。
また、これまでは毎月作業所を訪問されていたようですが、4、5月はほぼ訪問できず、6月から訪問頻度を増しておられるとのことでした。
また、全国の作業所の皆さんとオンラインで顔を合わせる機会も新たに設けられたようです。

 

「守口市の子ども食堂ネットワーク化と引きこもりの居場所事業」を行う一般社団法人ヒューマンワークアソシエーションhttp://yarukimitekure.com/moriguchi/)は、居場所としてのこども食堂の開催ができず、お弁当の配布で代替活動をされていらっしゃったとのこと。
休校や自粛が続く中で、子どもたちに「ご褒美イベント」を開催されるとのこと。このイベントは大学生が中心となり、夏祭りとして、スーパーボール、ヨーヨーすくいなどの催し物を準備されているそうです。
また、学習支援では、行政からの許可がおり、学校と連携しながら子どもが子どもらしくいられる場所として、学習支援の事業も実施されているとのことでした。

 

「歌体操ボランティア養成と高齢者施設訪問活動」を行う歌体操介護予防市民塾https://suita-koueki.org/npo/utataisoukaigoyobou/)は、これまでは育成講座で、歌体操のみならず、高齢者への寄り添いなども学んだボランティが22箇所の高齢者施設に行かれて活動をされていましたが、コロナ禍では、高齢者施設での歌体操はできず、5月からオンライン配信での活動に切り替えられたそうです。
施設が使えないけど、歌体操オンライン 平日毎日継続されておられ、40回以上コロナ禍でもも実施しているとのことでした。

 

どの団体もコロナの影響で活動は制限されていますが、そこでとどまるのではなく、できる方法を検討されて、実施されている「たくましさ」がありました。

 

 

代表理事からのメッセージです。

私も含め、多くの人が、これからどう活動できるのだろう、何ができるのだろうと不安と混乱を抱えて過ごしている中、制限されることはありながらも、活動を止めず、前に進んでいらっしゃる姿勢に感動いたしました。当財団のコンセプト「地域を元気にする活動を応援する」、応援できることを大変嬉しく思いましたし、元気をいただきました。改めて、人とのつながりを大切にすることは地域が元気になることにつながることを実感いたしました。当財団はこれからも、応援を続けていきたいと思っています。交流会にご参加くだいました皆様、ありがとうございました。

【熊西乃里子(公益財団法人熊西地域振興財団 代表理事)】

 

アドバイザーのみなさんからのメッセージも届いています。

「地域を元気にする」ことを目指して立ち上がった熊西地域振興財団にとって、とても大切な機会だったと思います。コロナ禍でみんな大変な状況ですが、だからこそ、お互いに勇気づけあって、応援しあうということが大切なのだと思います。現場の皆さんの工夫や取り組みからも多くの学びのある機会でした。こうした場づくりにこそ、こうした地域の財団の価値と可能性があると感じました。

【鵜尾雅隆】

 

「立ち止まらない」という姿勢に、わたしも力づけられました。あっという間に前例の選択肢が何もない状況になったのに「立ち止まらない」。これが「地域を元気にする」ということなのだなと思いました。交流会では、みなさんに「立ち止まらない」のは自分だけではないと実感していただけたのではないでしょうか。助成金を渡すだけでは終わらない、「みんなで一緒に元気になろう!」という熊西財団の思いが、皆さんの次の一歩への力となりますように。

【本郷順子(本郷順子税理士事務所)】

 

活動が制約されてしまう中で、できる方法を考え、工夫をこらし、新たなやり方に挑戦する姿勢に感銘を受けました。また、みなさんの発表から、活動分野、内容はそれぞれですが、子ども、高齢者、引きこもり、障がい者、その地域に暮らす人の生活のしあわせを守り、「地域を元気にする」つながりを強めていくという共通点とあたり前の日常の幸せを慈しむことの尊さに気づかせてもらいました。不安が広がる中で、たくましくもやさしい眼差しで活動を続けてくださる皆さんが、地域を元気にし、やさしい地域を創造していくのだと実感します。さらなるやさしいつながりが広がるよう私も応援しています。

【三島理恵】

このページの先頭へ